スポンサーリンク


2009.03.25

祝!WBC連覇 イチロー語録


・ほぼ折れかけてた心をギリギリでつなぎとめていた感じですね。
 三打席目のバントの失敗で、ほぼ折れかけていたんですけど・・・
 僕のユニホームだけなぜかキューバに見えていたのが
 かなり深刻な状況だったと思いますけど
 四打席目からジャパンのユニホームが着られてよかったと思いました。

・苦しいところから始まって、 苦しさから辛さになって、
 辛さを越えたら今度は痛みが来て、心がね。
 最終的にはこうやってみんなで笑顔になれたこと、
 日本のファンの人たちに笑顔が届けられて、最高です。

・僕は持っていますね。
 いやー、神が降りてきましたね。
 本当は無の境地でいたいんですけど、
 ここで打ったら日本からの目がすごいことになっていると思って
 それを自分の中で実況しながら打席に入って、
 そういう時って結果が出ないんですけど、
 ひとつ壁を越えたような気がしましたね。

・侍が最終的に勝ってなかったら、これは格好つかないと・・・
 個人的には、最後まで足を引っ張り続けました。
 韓国のユニホームを着、キューバのユニホームを着、
 いろんなチームのユニホームを僕は着ました。
 最後にジャパンのユニホームを着て、おいしいとこだけいただきました。
 本当にごちそうさまでした。

                                                           イチロー(シアトル・マリナーズ)

 

今回は絶対はずせない、WBCでのイチロー選手の言葉を集めてみました。
たぶん誰もがテレビで何度も聴いた言葉でしょうから、説明は要らないでしょうね。
こちらとしては、備忘録のつもりですので・・・。
彼がどんなに苦しんで苦しんで昨日(日本時間24日)のWBC連覇の瞬間を迎えたのかが伝わってくる言葉の数々です。
ファンとしては、何気ない振りをして見守るしかない20日間でした。

昨日はテレビの前で本当に疲れました。
野球を観るだけでも、相当な気力体力が必要なのだと改めて思ったものです。
心臓に悪そうで(別に心臓に持病はありませんが)、何度か観るのを止めようかと思いながら止められなかったのは、ただただ止めたら日本が負けるかも、という根拠の無い信念だけでしたね。



昨日から今日にかけて、WBC関連のテレビ番組をハシゴをしています。
同じ映像、同じニュースの繰り返しですが、結構新しいエピソードに遭遇したりするものです。
やくみつるさん(漫画家)が3D映像みたいだったと語る、決勝打となったイチロー選手のあのセンター前ヒット。
確かに、打球がピッチャーの右側をグイッと曲がるようにして、こちら側(センターカメラ)に向かってきました。
原辰徳監督が「あのセンター前ヒットを忘れることはない」と語っていましたが、あれはテレビの前にいた人間にこそ忘れられない映像となりましたね。
あのヒットが出る直前の彼は、厳しい目に全身に溢れる集中力、不思議に余裕さえ感じさせて、こちらは魅入られるようにして画面を観ていたものです。

小松成美さん(ノンフィクション作家)が語るイチロー選手の言葉についての分析も興味深いものでした。
「自己分析というか、心模様を言語化するのが上手いですね。自分の肉体的な状況、精神的な状況が今どんな風になっているのか、的確な言葉を持っているんですね。肉体的感覚、精神的感覚がとても鋭い方です。」

イチロー選手の友人の義田貴士(スポーツジャーナリスト)の分析も興味深いものでした。
本人の意思と違って、どうしてもチーム内で孤高の人となってしまいそうな彼に、不調時には年長者の稲葉選手(日ハム)が先頭を切って声をかけていたという話。
チームメイトに支えられていたことがわかって、本当にチーム一体となって戦ったことが改めてわかりました。
なお、東京ラウンド終了後に彼が語った「僕にとって日本最後のゲームですし」というコメントについては、義田さんは「特に意味は無い」と断言していました。
結構マスコミで、その真意はどこにあるのか、と取り上げられていましたね。

WBC直前の宮崎キャンプの映像も観られましたが、大勢のファンの中の一人の男子から「イチローさ〜ん、世界で一番尊敬してま〜す」という声がかかっていました。
あまりにはっきり通る声なので驚きましたが、彼が守備で背中を見せながらもVサインで応えていたのが素敵でした。
ファンへのお礼として、パフォーマンスを重視していた時期でしたね。
この時期には、こんなに苦しむことになるとは思ってなかったでしょうね。

久しぶりに観た野球で、知らない選手も多かったのですが、おかげでだいぶ覚えることが出来ました。
こちら楽天岩隈久志投手の活躍も素晴らしかったですが、自分自身のキーワードとしていたという「楽しむ」で終えられた笑顔がよかったですね。
それでも、一番印象的だったのは原監督でした。
彼の選手時代を知っていて、正直これだけのプレッシャーの中で、これだけの大任を果たせるとは思っていませんでした。
采配などについてはわかりませんが、彼が選手やスタッフを信じて、いつもブレることのない采配をしていた、という印象が強く残りました。
今回、ダッグアウトがよく映っていて、監督の動きがよくわかりましたね。
バッターボックスの後ろに観える広告は受信する国ごとに変えていたらしく、、映像的にも工夫を感じさせる面白いWBCでした。




スポンサーリンク


アンチエイジング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。