スポンサーリンク


2009.07.31

ロックシンガー川村カオリさん 永眠

あとで読む[あとで読む]


子供はそこに止まらない

前進するんです

                                                                            黒柳徹子(タレント)

 

28日に、ロックシンガーの川村カオリさんが亡くなりました。

38歳、幼い娘さん(るちあちゃん)を残して・・・。

最後の最後までがんと闘いながら、歌い続けていたようです。

 

私が川村さんを知ったのは、今年「徹子の部屋」(テレビ朝日)に出演した時のことでした。

その時の記事です。↓
「ラジオ深夜便」朝日俊彦さんと「徹子の部屋」川村カオリさんのメッセージ



その徹子さんが訃報を聞いて駆けつけていて、インタビューに応えている映像が流れました。

以前から交流があったのか、その時からなのかはわかりせんが、涙ぐみながら娘さんの様子を語る徹子さん。

7歳の娘さんがどれだけ現実を理解しているのかわかりませんが、強く生きていくことを希望を込めて語る彼女の言葉が印象的でした。

世界の子供たちを見続けている徹子さんですものね。

 

俳優の鈴木一真さんが「寂しい思いをするでしょうが、川村カオリの娘ですから強く生き抜くと思います」とのコメントも心に残ります。

吉川晃司さんとは一緒にライブをしたりする仲間だったんですね。

吉川さんの公式サイトに追悼の言葉がありました。

 

最後のライブの映像と思われるものも流されました。

観客に深々と頭を下げ、気をつけて帰るようにと笑顔で語りかけ、又ねと去っていく姿が何とも胸に痛いですね。

前向きで強くて、だから生き抜いて欲しかったとは思いますが、どれほどに辛い闘いだったかとも思うと、今はただただ安らかにと祈るばかりです。

 

   My sweet home 君に伝えたいこと
乳がんと闘う川村カオリさんが、愛する娘・るちあさんに、自分のルーツと向き合い受け継いだものを伝えたい、と一緒に訪れた故郷のロシア。
そのるちあさんへのメッセージを綴ったフォットエッセイ。




スポンサーリンク


アンチエイジング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。