スポンサーリンク


2010.08.31

ARATAさんたちの、届く想い届かぬ想い「ボクらの時代」

あとで読む[あとで読む]

「ボクらの時代」“届く想い 届かない想い”
                       出演:ARATA(俳優) 寺島しのぶ(女優) 若松孝二(映画監督)    
                                                                    フジテレビ     8月29日放送   より

 

 

 

若松孝二 キャタピラー

 

 

〜映画「キャタピラー」の出演依頼で〜

(寺島しのぶさんに)一人で来て欲しいっていうのと、メイクもしませんよ、と言ったら「監督!これはノーメイクでいきましょう」と本人が言ってくれ、ああ上手くいったなと心の中でね・・・

メイクをしちゃうと、皮膚の演技が出来ないんですよ。



〜放置死事件や子供へのDVなどの話のなかで〜

女性は聖母・観音菩薩だと思っているからね。

この歳でも、おふくろや女性を拝みたくなる。

 

                                                                                   若松孝二(映画監督)



 

 

〜映画「赤目四十八瀧心中未遂」「ヴァイブレータ」で、数々の賞を獲得〜

賞って残酷だなと思って・・・

それ以上のものって出来るだろうか、それ以上のものに巡り合えるだろうかとか、いろいろ考えて・・・

いろいろ台本をもらっても、モチベーションが上がらない。

10年ぐらい休んで、フランスで暮らそうかと決断した後ぐらいの企画が「キャタピラー」だったんです。



〜フランス人の夫とその娘と暮らして〜

生まれた時点で、個人の人間として扱うっていうか、その放り出しかたって、うわぁ無責任だなあと思うんだけど、でも熱いものは熱いものを触らないと熱いとわからないし、親がそれ熱いよと言うことはフランスには無いんですね。

 

                                                                                   寺島しのぶ(女優)

 



 

 

ラッシュライフ

赤目四十八瀧心中未遂 プレミアム・エディション


寺島しのぶ
を検索

 

 

 

〜俳優を休業したこと〜

もともと役者を目指してこの世界に突っ込んできたわけではなく、自分の中では、役者ってものがわかんないままこの映画界に参加させてもらって・・・

何作目かでちょっと大きな映画をやってみて、それは宣伝の部分だったりとか、いろんな意味で大きくて・・・

そのときに何かわかんない、自分の中で不純なものがチラチラ見え隠れしたときに、ちょっと疲れちゃったのか、3年くらいストンとこう受けつけなくなっちゃって・・・

で、結局自分は続けたいのかと思ったときに、続けたかった・・・

続けるということは役者をやるってことだから、役者に向き合っていかなければと思って・・・

〜2幼児放置死事件について〜

母親にトラウマや育児ノイローゼなどがあったにしても、それがそういうところに直結するっていうことは、何か己の弱さ以外無いっていうか・・・

トラウマやノイローゼだったからという理由にもならないし・・・

それに、周りの人たち、親戚の人とか友だちとか、何で一言言えなかったんだろう、気づいてあげられなかったんだろう、そういう世の中の風潮っていうものも悲しい事件だったなあ、と・・・。

 

                                                                                        ARATA(俳優)



 

 

ワンダフルライフ

 

空気人形

ARATA を検索

 

 

 

岩松孝二監督、現在74歳。

 

26歳で監督デビューして以来、資金作りなど大きなリスクを背負いながらも、今も自由に映画作りをしているようです。

 

 

寺島しのぶさん、梨園に生まれた女性であること、そして偉大な母親・富司純子(元・藤純子)との葛藤などを越えて、ベルリン国際映画祭での最優秀女優賞受賞など、今乗りに乗っている女優さんですね。

 

そして、ARATAさん、土曜ドラマ「リミット -刑事の現場2-」(2009年・NHK)や「チェイス〜国税査察官〜」などで強烈な個性を見せてくれています。

 

個人的に、今一押しの俳優さんです。



 

リミット 刑事の現場2


チェイス-国税査察官-DVD-BOX



 

 

 

鼎談の内容は、こちらでどうぞ。

疲れたら休め・・・〜「ボクらの時代」ARATAさん&寺島しのぶさん&若松孝二監督

 

 

映画作りのこと、俳優(女優)を続けること、親子のこと、夫婦のこと、そして、最近の子供が巻き込まれる事件のこと・・・

 

サブタイトルの“届く想い 届かない想い”とは、どの話を指しているのでしょうね。

 

 

若松孝二全発言

若松孝二性と暴力の革命

エロティックな関係


若松孝二
を検索



スポンサーリンク


アンチエイジング