スポンサーリンク


2011.02.12

竹野内豊さん:「徹子の部屋」2011.2.9.



「徹子の部屋」2011.2.9.  ゲスト:竹野内豊さん(俳優)

 

〜俳優デビュー当時〜

あの当時は、モデルをしていて、少し自信があったりとかしたんですよ。

でも、見事にすべて打ち砕かれて、すごく口惜しい思いをしましたけどね。

 

〜ドラマ「大地の子」のオーデションを受けて〜

後でゾッとしました。

(受からないで)うん、良かったなと思いました。

 

〜サイパンのジャングルを歩いてみて〜

非常に生々しい跡が残っていて、いまだに人の気配というか空気が、当時の息がそのまままだ残されてるような、ちょっと異様な空気感を感じました。




太平洋の奇跡

 

 

徹子の部屋」(テレビ朝日)に初登場の竹野内豊さん。

 

最初は、あのイメージのままの物静かで淡々とした受け答えで、さすがの徹子さんも苦戦を強いられている感じでしたね。

 

自然に恵まれて自由に育ったらしい子供の頃や、寡黙な父親の話などは、サラッと終わってしまいました。

 

 

BOSS DVD−BOX[7枚組]



あの空をおぼえてる スペシャル・エディション

 

 

 

 

モデルから俳優へ転身した頃の話からは熱が入ってきましたね。

 

元々、映画が好きだったようです。

 

見た目と違って、意外に頑固で負けん気が強そうでした。

 

だから、今があるのでしょうが・・・。

 

 

それにしても、イメージピッタリの「流れ星」(フジテレビ)は良かったですね。

 

ある時期、恋愛物ばかりで鬱屈したものがあったと語っていますが、このドラマはそれに入るんでしょうか?

 

歳を重ねて、改めて余裕で挑戦したドラマのように思えますが・・・。

 

 

流れ星 完全版 DVD-BOX

 

 

 

ドラマ「大地の子」(1995年・NHK)のオーディションを受けていた話には、個人的に食いついてしまいました。

 

素晴らしいドラマで、感動しましたからね。

 

いまだに想い入れが深いドラマです。

 

 

映画「太平洋の奇跡」については、淡々としながらも熱意を込めて語っていました。

 

戦争映画についての、若い頃からとは違ってきた思い、2日かけてサイパンのジャングルを歩いてみて感じたこと、など・・・。

 

この映画の主役を演じて、大きな俳優さんになっている竹野内さんを感じさせましたね。

 

 

よろしかったら、こちらもどうぞ。
    ⇒  疲れたら休め・・・〜「徹子の部屋」竹野内豊さん

 

 

輪舞曲 DVD-BOX


氷の世界DVD BOX



太平洋の奇跡〜フォックスと呼ばれた男〜 オリジナル・サウンドトラック

竹野内豊 を検索



スポンサーリンク


アンチエイジング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。