スポンサーリンク


2011.05.12

草なぎ剛さん、ロングインタビュー「ラジオ深夜便」



〜役作りで減量したりすること〜

自分のモチベーションが上がるし、説得力も出てくる。

説得力が無いと、感情移入ができないと思うので・・・。

薄っぺらなものでは、観客も感情がついてこれない。

 

〜韓国語の勉強〜

語学って、やり続けているとポンと上がる時がある。

駄目だなあと思った時も、もうちょっと頑張ってみるとわかってくる。

今わからなくても、1時間経った頃にわかったり・・・。

毎日やり続けないと血や肉にならないんですけど・・・。

毎日やると、何だろう、免疫が少しずつできてくるというか、毎日健康なものを食べていると、身体も少しずつ健康になっていく感じ・・・

毎日ちょっとでもやり続けると、少しずつ浸透していって、早く言葉が出てくる、反応が早く出てくる。

予防接種みたいなものと思って・・・。

 

〜韓国の人たち〜

家族のこととか、友だちのこととか、先輩っていう関係がハッキリしていて、大切にするものをわかりやすく大切にする、というところが日本と違うところかな。

 

本気で学ぶ韓国語

写真で見て知る韓国語辞典

 

 

 

〜東日本大震災の被災者へ〜

どんなに悲しいことや辛いことがあっても、明日っていう日は来てしまうので・・・・

だから、少しでもすごく幸せな朝を迎えられるように、一緒に頑張って、明るくしたいなという気持ちがありますね。

 

〜昨年走り続けて、今充電中〜

真っ白なキャンバスじゃないと、いろいろな絵が描けないので・・・

常に真っ白な状態ではいたいと思いますね、透明だったり・・・。

よけいに色を付けてしまうと、何か役が来た時に染まれなかったりするので・・・

常にピュアであるというか、心が・・・。

何か来た時に、その色に染まれるような・・・

そうするには、どうしたらいいかわからないですけど(笑い)

 

つか(こうへい)さんが教えてくれたんですけど、“お前はそのままでいいんだよ”とよく言ってくれて、「蒲田行進曲」のお仕事をした時に、“いいんだ。お前はそのまま舞台に出て行って・・・。失敗したら俺が責任とるから好きにやれ”とおっしゃってくれてたんですよ。

僕はその自然体のままがいいみたいで、考えてお芝居するよりも・・・。

つかさんのそれを思い出すと、普段もあまり考えないで、そのまま生活して生きていればいいんじゃないか、と思うんですよね。

 

                                                                              草なぎ剛(俳優・歌手)

 

 

 


99年の愛 〜JAPANESE AMERICANS〜 

 

 

8日、9日の2日間、「ラジオ深夜便」では、SMAP草なぎ剛さんへのインタビューが放送されました。

 

高齢者のリスナーが多いこの番組にしては、珍しい企画でしたね。

 

特に午前4時台は、一般的な人気者が登場するコーナーではありませんから・・・。

 

 

テーマは、“韓国文化と出会って変化した10年”


草なぎさんがこの2月に出した、韓国語の翻訳本「月の街 山の街」のおかげですね。

 

 

月の街山の街 


スロ-フ-ドのソウル案内

 

 

 

本のこと、少年時代のこと、SMAPのこと、評価されている演技のこと、韓国文化との出会い、そして東日本大震災の被災者への想いなど・・・


元気に、真面目に、楽しそうに語ってくれた2日間でした。

 

2日間、念のために録音をしていたのですが、普段と違い、4時にはきっちり目が覚めていた自分がおかしかったですね。

 

 

よろしかったら、番組の詳細はこちらでどうぞ。

               ⇒ 疲れたら休め・・・〜草なぎ剛さんインタビュー(1)「ラジオ深夜便」

               ⇒ 疲れたら休め・・・〜草なぎ剛さんインタビュー(2)「ラジオ深夜便」

 

 

 


愛の唄 〜チョンマル サランヘヨ〜


僕と妻の1778の物語 コレクターズ・エディション



「冬のサクラ」オリジナル・サウンドトラック

草ナギ剛 を検索


スポンサーリンク


アンチエイジング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。