スポンサーリンク


2014.02.10

納得して生きる 「鍵泥棒のメソッド」


全部納得して生きてるやつなんていないよ


                                       映画「鍵泥棒のメソッド」より

 

 



鍵泥棒のメソッド [堺雅人]

 

 

最近テレビ放映された「鍵泥棒のメソッド」(2012年)は、堺雅人さん、香川照之さん、そして広末涼子さんと、何とも素敵な組み合わせの作品でした。
録画ですが、惹き込まれて観ていただけに途中で切れていたのが残念で、DVDレンタルをしてきました。

堺さんが「ゴールデンスランバー」を思わせる巻き込まれ役で軽快な動きを見せ、広末さんは良い大人なのにちょっとピュアなキャリアウーマン役を演じています。
そして、香川さんは殺し屋?。
一見まったく違った人生を歩いている3人(実は、そんなに違ってもいない)がいつのまにか関わり合うことになって・・・。

 


半沢直樹-ディレクターズカット版ーDVD-BOX [堺雅人]

 

 

 

 

何より、香川さんの怪演に惹き込まれました。
結局、同一人物ではあるものの3人の人格を使い分けたことになります。

上の言葉は、劇中で殺し屋?から記憶喪失者となり、最後に自分に戻った香川さんのセリフです。
3人がそれぞれにどうなるのか、追いかけながら観ていましたが、このセリフだけで印象に残る作品になりました。

詳しい感想などは、こちらで。
疲れたら休め・・・映画「鍵泥棒のメソッド」

 

 

余談ですが・・・

以下は、個人的に好きな“人生”に関する言葉です。

 

例え、明日死ぬとしてもやり直しちゃいけないと誰が決めたんですか

例え、明日死ぬとしても・・・「古畑任三郎」“再会”   2009.2.3.

 

人間、配られたカードで勝負するのさ

人生の勝負「ファミリー・ビジネス」   2009.2.27.

 


 

市川中車 [香川照之]


スターマン・この星の恋 DVD-BOX [広末涼子]






スポンサーリンク


アンチエイジング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。