スポンサーリンク


2014.07.26

吉岡秀隆さん、尊敬してやまない妻夫木聡さんとトーク「ボクらの時代」


〜俳優を辞めるか、悩んだ頃〜

妻夫木君が演じる誰々という見方と(違って)物心つく前からあの純くんだとか、柴又の方へ行くと満男君と言われる感じが、自分がどんどん死んでいく感じが苦しくてね。
脱げないじゃない、着ぐるみだったらいいけど・・・。
それを無くすためには辞めるしかないかなあ、と・・・。
それで辞めようと思ったときに黒澤監督のオーディション(「八月の狂詩曲」1991年)の誘いがあって、そこからモノ創りの面白さを知った。
出番が終わっても、1ヶ月の長崎ロケに「一緒に来なさい」と言われて、照明部の手伝いしたり、楽しかった。

                                                                    吉岡秀隆(俳優)

 


〜黒澤明監督の「八月の狂詩曲」撮影現場で〜

あれが世界の黒澤か。俺の背中とどう違うんだよ。


                                                                   杉田成道(演出家)

 

 

〜やる気なかった新人時代、演技が出来なくて〜

社長に「初めてだから仕方ないよ」と言われて、負けず嫌いなのでムカついた。

納得いかない、こんなものじゃないという思いで、がむしゃらになって・・・。
台本を読む、いろいろな映画を観る、気づいたら好きになっていた。
死に物狂いで何かをやってみて、その作品が放送したりしたものを見返してみたときに、前よりは何か改善されてるとか、一瞬でもいいからいい顔が見えたとか、それだけでやっぱりやれば何か結果が出るのかもしれないと思って・・・。

 

                                                                    妻夫木聡(俳優)

 

 

吉岡秀隆&妻夫木聡
小さいおうち [松たか子] 
 

 

 

 

「ボクらの時代」“妻夫木聡×吉岡秀隆×杉田成道 ケンカするほど愛が生まれる” 
(フジテレビ・7月6日&13日放送)からの言葉です。
子供の頃から見ている吉岡さんは、特別な存在の俳優さんになっています。
その吉岡さんが出演するということで、ほとんど釘付け状態でしたね。
番組の内容は、別ブログに、呆れるほどに長々と書いていますので、興味がありましたら、お訪ね下さい。

 

こちらをどうぞ。↓
疲れたら休め・・・〜「ボクらの時代」妻夫木聡&吉岡秀隆&杉田成道さん 

 

<関連記事>

吉岡秀隆さんと"純君"のあいだ 2010.2.13.

 



ジャッジ! [妻夫木聡]

 


あの頃映画 松竹DVDコレクション 八月の狂詩曲


願わくは、鳩のごとくに [杉田成道]



若者たち [森山直太朗]
演出:杉田成道
出演:妻夫木聡&吉岡秀隆




スポンサーリンク


アンチエイジング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。