スポンサーリンク


2015.01.08

映画について 淀川長治さんの言葉など

 

 

 

昨年末、テレビのCMに淀川長治さんが頻繁に出ていましたね。
といっても、淀川さんは亡くなっていますから、CGでの登場でしたが・・・。
何とも複雑な想いで、CMを眺めていました。 


淀川さんの、映画に対する膨大な知識と溢れるような愛情はどこへ行ってしまったのでしょうね。
そういう私も、映画館に足を運ばなくなって、ずいぶん時間が経ってしまいました。
関連書なども読む機会もなく・・・。

珍しく思い立って、古いメモ帳を読み返し、淀川さんの言葉など、映画に関するコメントをピックアップしてみました。


 


淀川長治 独演会(ワンマントーク)素晴しき哉、映画

 

 

一日一本、映画を観なさい。

愛にあふれた、明るくて温かい映画を観なさい。

孤独な人は欲が深いんです。

人に与えることをしないで、人にもらうことばっかり考えてる。
欲張りだから、孤独なんですよ。

明るくなって、人を愛せば、孤独じゃなくなりますよ。

 

                                               淀川長治「週刊文春“悩ましき哉!人生”」

 

 

みなさんにね、映画を一週間に2本は少なくとも観てもらいたいのね。

どんなに後に、これが役に立つか、映画を観ることが・・・。

映画を観ることで、どんなに人間、成長するか・・・。

ということで、映画を絶対若い人に観てもらいたいと思います。

これは、決して娯楽ではありません。

人間の勉強ですから、映画をごらんなさい。

 

                                               淀川長治   1996.2.16.

                                         「驚きももの木20世紀“淀川長治さんの遺言”」

 

 


淀川長治のシネマトーク(上)
淀川長治のシネマトーク(下)

 

 

人生は、映画とは違う。

人生はもっと困難なものだ。

 

                                                       映画「ニュー・シネマ・パラダイス」

 

 

映画は人生に似ているけど、

人生はちっとも映画に似ていない。

 

                                                                ドラマ「父さんは森に隠れる」

 

 

人はだれでも優れた一本のシナリオを書くことができる。
自分のことは自分がいちばんよく知っているから・・・。

 

                                                                         新藤兼人(映画監督)

                                           NHK「プライム10“ゆっくり歩め自分の足で”」

 

 

ぼくの生活条件として、なんでもないことは流行に従がう。

重大なことは、道徳に従がう。
芸術のことは、自分に従がう。

 

                                                                      小津安二郎(映画監督)

 

 

目の前の他人は、自分の鏡の一部だからね。

つまり、自分を知れば、おのずと相手、僕の場合は役者だが、役者の気持ちがわかってくるものだよ。
相手が好きなら、それはその相手と対応している自分が好きだからであり、嫌いなのは、相手と自分の関係が嫌いだからなんだ。

 

                                                       ロバート・アルトマン(映画監督)

                                                   「週刊文春“VIPルーム”」1993.1.21.号

 

 

誰だって、この世の中に自分の形跡を残しておきたいものです。

私のこれまでの形跡は、10本の失敗作ですけどね。

(中略)

だが、私の作品には、誠実さという大事な美点がある。

誠実だったら、出来が良くても悪くても構わないんだ。

たとえば、私の映画には才能が不足しています。

才能の芽は見えるかもしれないが、充分ではない。

突然に私が完璧な大傑作を生み出したら、映画監督を続ける意味がなくなってしまう。

 

                                                         アキ・カウリスマキ(映画監督)

 

 


老いの流儀小津安二郎の言葉 [米谷紳之介]


 
過去のない男/街のあかり ≪HDニューマスター版≫ 

 


ニュー・シネマ・パラダイス SUPER HI-BIT EDITION




スポンサーリンク


アンチエイジング