スポンサーリンク


2015.08.01

女優・筒井真理子さんの一句 「プレバト!!」

 

向日葵の波に逆らひ兄逝きぬ

 

                                                     筒井真理子(女優)

 

 

毎回欠かさず観ている「プレバト!!」(TBS)の俳句コーナー。
もちろん、夏井いつき先生の毒舌が聞きたくて、というわけですが・・・。


それにしても、最近は印象に残る作品が多いですね。
今回のテーマは、真夏のひまわり畑。
1位(83点)は、女優の筒井真理子さんの一句。
夏井先生が、このコーナー始まって以来の最高ランクと絶賛でした。

素人の私でも、他の人たちの作品からは抜きん出ているのがわかりました。
母親の兄が学徒動員で逝ってしまった、その母の気持ちで作った、とのこと。
それだけでも、胸に来るものがあったのですが、先生の説明が更に感動的でしたね。

 

 
向日葵の午後―岡本紗矢句集
向日葵の午後―岡本紗矢句集

 



“向日葵の波”により、向日葵がたくさんあって、ざわざわ風が吹いている光景が浮かぶ。
“逝きぬ”で、季語の向日葵から夏、終戦と歴史を遡り、戦争の波に飲み込まれたことがわかる。
何も語らなくても、17文字にすべて表現されていると、大絶賛でした。
私も、俳句の凄さを改めて感じさせられたものです。



 

MASK DE 41 [DVD]  *出演:筒井真理子
MASK DE 41 [DVD]

 

 


筒井真理子さん、だいぶ以前からドラマなどでよく見かける女優さんです。
美人なのに、脇のほうで、ちょっと癖のある役が多いですね。
個人的には、キムラ緑子さんタイプかな、と思っていたのですが、最近では「Qさま」などのクイズバラエティなどでも見かけるようになって、ちょっとイメージが変わってきました。

早稲田大学卒で、雑誌や新聞にエッセイを連載することもある才女なんですね。
今回、1位になったときの素直な喜びようが素敵でした。
女優としても、俳句のほうも、よりいっそう素敵な作品を期待しています。

 

余談ですが・・・
この句から、森山直太朗さんの「夏の終わり」を連想しました。
好きな曲で、この時期によく聴きますが、反戦歌だと知ったのはずっと後のことです。

 

 

夏の終わり
夏の終わり

 

 

<関連記事>
福澤朗さんの一句 「プレバト!!」  2015.7.17.

 

 

超辛口先生の赤ペン俳句教室
夏井 いつき
4255008094
関連商品
100年俳句計画―五七五だからおもしろい! (Soenshaグリーンブックス)
絶滅危急季語辞典 (ちくま文庫)
知識ゼロからの俳句入門 (幻冬舎実用書―芽がでるシリーズ)
子供たちはいかにして俳句と出会ったか―夏井いつきの俳句の授業
折々のギャ句(グ)辞典
それ行けミーハー吟行隊
by G-Tools






スポンサーリンク


アンチエイジング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。