スポンサーリンク


2016.12.30

永六輔さんが遺した言葉 「金スマ」より

 

〜永六輔さんが大切にしていた言葉〜

生きているということは

誰かに借りをつくること

生きていくということは

その借りを返してゆくこと

 

誰かに借りたら 誰かに返そう

誰かにそうして貰ったように

誰かにそうしてあげよう

                                         「生きていることは」歌詞より

 

 


 

 

〜周りが気になり、つい隣の芝生が青く見えてしまう。
そんな時に思い出したい言葉〜

他人のことが気になるのは、

自分が一所懸命にやっていないからだッ!

                                                      「新・無名人語録」より

 

 

〜ふと、老いを嘆いてしまう・・・。

そんな時に思い出したい言葉〜

人間、今が一番若いんだよ。

明日より今日の方が若いんだから。

いつだって、その人にとって

今が一番若いんだよ。

                                                                「大往生」より

 

       「人生は昨日より今日」です。

       後悔をひきずらない。

       それでいて、あきらめない。

       僕が感銘を受けた

       「今がいちばん若い」

       という言葉がありますが、

       つまりは「今日が始まり」ということ。

                                     「週刊ポスト 2002年10月11号」

                                                              インタビューより

 

 


 

〜身近にイライラしている人がいる。

そんな時に思い出したい言葉〜

文句を言ってても一日。

ニコニコしていても一日。

だったら、人あたりのいい一日のほうがいいんじゃないかい?

                                                             「一般人名語録」より

 

 

〜結婚生活に不満を感じる・・・。

そんな時に思い出したい言葉〜

いいですか。

夫婦ったって、

アカの他人ですよ

アカの他人どうしが

起こす奇蹟。

それが夫婦というものです。

                                                                       「夫と妻」より

 

 

〜家庭の問題にうんざり・・・。

そんな時に思い出したい言葉〜

家庭というのは

こんがらかった糸ですよ。

こんがらがってるから

家庭なんです。

ほどくと

バラバラになっちゃいますよ。

                                                               「一般人名語録」より

 

 


 

 

 

<永六輔 お別れ会にて>

人の死は一度だけではありません。

最初の死は医学的に死亡診断書を書かれたとき。

でも、死者を覚えている人がいる限り、

その人の心の中で生き続けている。

最後の死は、死者を覚えている人が誰もいなくなったとき。

そう僕は思っています。

                                                     「永六輔のお話し供養」より

 

 


 

 

 

〜死を前向きに捉える永さんの言葉〜

死んだっていうからおかしいんだよ。

先に行っただけなんだから。

                                                                      「大往生」より

 

 

〜亡くなる時、人は何を残していけるのか〜

家族のために

死んでみせることが

最後にできること

その姿勢こそが

いちばん大事。

                                                                      「大往生」より

 

 


 

 

 

以上は、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS・2016.11.25.放送)から採録したものです。
何となく整理できないまま、今年も押し詰まってしまいました。

永六輔さんは、憧れの人でした。

正直、いまだに亡くなったことが信じられないでいます。
亡くなったのが7月7日の七夕でしたね。
とうに淀川長治さん(二人とも4月10日生まれ)に逢えて、おしゃべりが弾んでいるんでしょうか。

 

 


 

 

<関連記事>
*以下は、他ブログ「疲れたら休め・・・」の記事です。

まあ、いいか    2007.9.17.    
永六輔さんがパーキンソン病に  2010.11.3.    
永六輔さんの事故のニュースに  2010.11.19.    
「上を向いて歩こう〜日本人の希望の歌 その真実」 2011.7.19.    
ヒューマンドキュメンタリー「永六輔 戦いの夏」  2011.10.1.    
「永六輔の誰かとどこかで 七円の唄」を読んで 2011.10.18.
永六輔さんと“まあ、いいか”  2016.7.14.




スポンサーリンク


アンチエイジング