スポンサーリンク


2009.04.07

開花宣言の日に 「さくら(独唱)」森山直太朗さん


・さくら さくら 今、咲き誇る
 刹那に散りゆく運命と知って

 さくら さくら いざ舞い上がれ
 永遠にさんざめく光を浴びて

                                                                 森山直太朗「さくら(独唱)」より

 



こちら仙台でも今日、桜の開花宣言がありましたので・・・。

森山直太朗さんの「さくら(独唱)」は、毎年桜をテーマにした曲の人気ベストテンに入る名曲ですね。
この「さくら(合唱)」に参加している三女高(宮城県第三女子高等学校)が近くにありますから、余計に思い入れがあります。
去年の「SONGS」(NHK)では、森山さんが改めて学校を訪ねて、合唱するシーンがありました。
その映像はこちらで⇒ さくら / 森山直太朗+合唱
三女高は2010年に共学になるようですが、女子高ならではの雰囲気が無くなるのも何となく寂しい気はしますね。


森山直太朗さんの曲は好きですね。
この人独特の歌唱法で丁寧に歌われ、こちらにまっすぐに伝わってくる端正な日本語の詞が好きです。
高校野球の放送にも使われた「夏の終わり」が特に好きですが、どの曲も郷愁を感じさせます。
年配者向き、ですかね。
歳をとると、うるさ過ぎたり、特に歌詞が聴き取れない音楽にはどうしても拒絶反応が起きてしまいます。







続きを読む


2009.04.06

チケットが取れなくて 吉田拓郎「つま恋2006」を改めて


・みんな年を経て、いい人になったんだね
  若い時は嫌なやつだったんだ、きっと・・・

                                                      吉田拓郎「つま恋2006」より


こちら仙台では、4日が吉田拓郎さんの全国ツアーのチケットの発売日でした。

このところ吉田拓郎さん、井上陽水さん、小椋佳さんと行きたくなるコンサートが続くなあと思いつつ、行くつもりはなかったのに急に思い立って、当日プレイガイドに駆けつけてしまいました。
もちろん、吉田拓郎さん目当てで・・・。
デパート内のプレイガイドで、開店前に並んだのにチケットは取れず、他へ回っても駄目、がっかりしての帰り、米を買うなどと一気に生活感のある行動をしてしまいました。
本当に、一気に夢がしぼんじゃいましたね。

他の入手方法も考えたのですが、以前人気のチケットを取るために、若者が一部屋に集まり、それぞれが複数の携帯電話をかけ続けている映像を思い出して、あきらめることにしました。



続きを読む
2009.02.23

粋でお洒落で 「恋文」由紀さおりさん


・アズナヴール流しながら この手紙を書いてます
 秋祭に買った指輪 小指に光ります

                                 歌:由紀さおり「恋文」より

 

夕べは風邪気味で早く寝たために夜中に目が覚め、点けっぱなしの「ラジオ深夜便」から聴こえてきたのがこの曲「恋文」 (詩:吉田旺 曲:佐藤勝)でした。
かなり昔(1973年)の曲ですが、候文の歌詞で和風なのに、アズナブールの名前が入っていたりして、当時としても何とも新鮮な響きがある曲でした。
何より由紀さおりさんの歌唱力ですから・・・。
美しい声で、言葉ひとつひとつに粋さを乗せて、大人の歌という感じでしたね。

久しぶりに聴いて、練り上げられた言葉とそれを丁寧に表現することの魅力を改めて感じさせられました。 
好きなシャルル・アズナブールの歌もしばらくご無沙汰していましたが、こちらも聴きたくなりましたね。



続きを読む
2009.02.10

いくつになっても・・・ 吉田拓郎さん


・今日までそして明日から

・ガンバラないけど いいでしょう

                                     作詞・作曲・歌:吉田拓郎

珍しく(いつもよりは)食事の仕度をしたくなくってグズグズしていた朝、吉田拓郎さんの最後の全国ツアーと新曲のニュースを観ることが出来ました。

私は“遅れてきた”拓郎ファンです。
若い時にはただの騒音にしか聴こえなかった彼の歌でしたが、中年になって初めて耳に届いたのが「今日までそして明日から」でした。
“等身大”に感じる歌でした。
それでも、歌詞の“わたしは今日まで生きてみました”の“生きてみました”を“生きてきました”と長いこと勘違いをしていましたが・・・。
それも、彼はこの二つの言葉で推敲を繰り返しただろうと勝手に思い込んだりしています。
この曲は、もう40年近くも歌い続けられていますが、ずっと“今”を生きているように感じます。

新曲のタイトルが「ガンバラないけど いいでしょう」とのこと。
ニュースの中で紹介されていた歌詞を読み取れなかったのが残念ですが、「今日まで・・・」に続くような歌なのだろうと想像しています。



続きを読む
2009.02.09

上澄みを歌う さだまさしさん


・たとえていうと、泥水をすくって置いておくと、上澄みができるでしょ。
オレなんかより上手に泥水の部分を歌える人は沢山いるわけだから、
自分が歌うのは上澄みで良いと思っているんです。
ただ、そのときに上澄みの下には泥があるんだよとヒントみたいなものは
残しておかないといけない。

                               さだまさし(ミュージシャン)


上の言葉は、「週刊文春」“VIPルーム”(1993.7.22号)に掲載されていたさだまさしさんへのインタビュー記事の一部です。
現在は無いようですが、当時“VIPルーム”のコーナーはかなりのページを割いていて、内容の濃い各界の著名人へのインタビュー記事が読めたものです。
特にミュージシャン(吉田拓郎さん、沢田研二さんなど)へのものが印象に残ることが多かったような気がします。
彼らへの踏み込んだインタビュー記事を読む機会が無かった(テレビなども含めて)のかもしれませんが・・・。



続きを読む

スポンサーリンク


アンチエイジング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。